ブログトップ

ごはん*こうぼう

yanahei.exblog.jp

男子、厨房に立つ・・・必須

a0019616_20244091.jpg



母のご飯にあーだこーだ言えるひとは
一日三食
作っていただこうじゃないの!

という母の憤りから始まったこの企画?
7年ぶりの登場です〜。

7年前 ↓
http://yanahei.exblog.jp/6779323/


兄、弟、どちらも
男子、7歳にして厨房に立つ!

【朝ごはん】
・TKG…画像なし。

我が家の朝食の廃れぶり
&母の手抜きぶりが感じられる。
しかも画像なし。


【昼ごはん】
a0019616_20244228.jpg
・もやしラーメン
インスタントラーメンに
もやしとワカメをトッピング。
皿洗いや
「ごはんできたよー!」の呼び声も担当。


【晩ご飯】
a0019616_20244433.jpg
・焼肉定食
マスターこと一代目の指導により、
焼肉レタス添え、大根の味噌汁、ご飯。
しかもマスターは包丁を研いでくれた!
a0019616_20244971.jpg


なんだか
とっても楽しそうなふたり。

一緒に料理するのって
楽しいよねぇ。

a0019616_20244695.jpg
途中、なぜかご飯作りをやめて
宿題の日記を書き始めた殿に

マスターいわく
「ママは自分のことはおいて、
みんなのご飯作ってるだろ」


みんなの楽しい思い出になりました。

ありがとう。
[PR]
# by yana-hei | 2014-11-16 18:23 | 殿ごはん

つれづれノート

a0019616_2324134.jpg


大学生くらいだったか
銀色夏生さんの本を読むようになったのは。

波間のこぶたシリーズが好きで
離れた姉と
「こぶた、めんこいな!」と
手紙で伝えながら読んでいた記憶。

初めてファンレターをおくったのも
銀色夏生さんで。

就職活動をしていた時期
「つれづれノート」の一節に
とても励まされたことをつたえた。


目指したものにたどり着かなかったとしても
目指した方向に進んだことは価値がある


という内容だったか。


あんなに行きたかった方向から
離れてしまったことに
悔いはないけど、

そういえば、
あそこへ行きたい!という
まっすぐな気持ちは
いま、どこにむかってる?
そもそもあるの?

と思った。
書きながら。


http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/4041016274/ref=mp_s_a_1_1?qid=1402840823&sr=8-1&pi=SY200_QL40
[PR]
# by yana-hei | 2014-06-15 22:45

終わらない 終わらせない

a0019616_17245917.jpg

家の敷地内に大きな梛の木がある。

樹齢200年近い巨木で、

ここ数年いろいろあった自分としては
この木をお守りすることを務めとする!
くらいの意気込みでいたのだけど。


ただいま生え変わりの季節らしく…。
常緑樹というのに、
落ちる落ちる、落ち葉が落ちる。

しかもこの木、実がなるので
いずれ実が落ちまくるらしい。


今朝、周囲の私道を含めて
丁寧に落ち葉掃きををしたところ、
気がつけば1時間…。

その矢先から
落ち葉は落ち続けるのであった。





「完璧主義だから」

と、言われるようになったのは
いつからか。

完璧主義とは思っていないけど、
やり遂げるのが大好き。

しっかりと

期日までに

問題なく

やり遂げる

「完了!」ってのが、好き。


だから、

芋掘りとか耳掻きとか
成果の見える作業が好きだし、

学校の宿題をやるのも好きだった。

ズルズルとエンドレスになりがちな
雑誌の校了作業も
印刷所の期日に間に合わせて
誰よりも先に終わらせていたし。


なのに、
落ち葉掃きに完了はない。

そういえば
いまの仕事はまるで落ち葉のようで。
来る日も来る日も
新しい仕事が舞い降りる。
「完了!」は辞職する時しかない。



やっぱりここへ来たのは
もっとおおらかに
ゆるやかになるための旅。
と言い聞かせながら
少しの枯葉を残して庭掃除を終えました。
[PR]
# by yana-hei | 2014-05-25 17:04 | つれづれ

タイムマシン

タイムマシンみたいなものがあるとしたら
それは歌かもしれない

と、藤井フミヤが言っていた。

震災のあと、被災地に行って歌を歌ったとき
聞いてくれるひとたちの表情を見て、そう思ったんだそうだ。





More
[PR]
# by yana-hei | 2014-05-21 23:26 | つれづれ

わたしの2011年3月11日〜その3

3月16日水曜日

13時台の飛行機で宮崎まで。
空港には赤ちゃん連れの母親がチラホラ。
小学校高学年の姿はない。

搭乗前に会社に電話。
上司にこのままだと気がおかしくなりそうなので
宮崎まで行って落ち着いてくると告げる。

飛行機を待つ間も余震。
どうか無事に着くようにと祈るような気持ちだった。

More
[PR]
# by yana-hei | 2013-03-11 02:13 | つれづれ