ブログトップ

ごはん*こうぼう

yanahei.exblog.jp

ひとり慰労会

旦那、熱と腹痛で会社を早上がりした。
殿ではなく、こう坊の風邪がうつった?

旦那に代わり、殿をむかえて帰宅し、
おっぱいをあげて食事の支度。
ギャーギャー泣いて後追いする殿を
しばらく旦那が抱いていてくれたが、その後は寝てしまった。
眠くてぐずる殿を寝かせた後は
だらけたこうぼうに喝を入れて、宿題をやらせる。

そのスキに明日の晩ごはんの支度を済ませ、
こう坊とお風呂。久々に体を洗ってあげる。
かまってもらって満足したのか、さっさとこう坊は寝てくれて、
現在、洗濯機が回転中。

お疲れ~~~~~~! プハッ。
a0019616_22441030.jpg


こう坊が1歳ぐらいのとき、
ひどい腹痛と熱におそわれたことがある。
病院へ行って保育園に迎えに行き、
こう坊にご飯を食べさせ・・・たけど、
あまりの辛さに旦那に電話したところ、
「悪いけど帰れない」と冷たくひとこと言われたことを思い出した。

「悪いけど」って、旦那がよく言うのだけど、
とってもカンジ悪いよ、この言葉。悪いけど。
悪いけど、って、何がどう悪いんだ!
と、いきなり腹が立ってきた。

で、
そのことを思い出したよ、と旦那に告げたら、見事に無視された。

・・・・・・・・・・・。

でも、しんどい中の育児はさらにしんどいことを
ちょびっとだけ体感してくれたかなぁ。
そんな辛さでひとりふんばってやってきたら、
風邪もうつらない強ぇえ母になってしまったようだ。

これから洗濯ものを干して、洗濯ものをたたみます。
多くの家庭ではお母さんがひとりでやってるんだろうな。
みんな、偉いよ。金メダルだよ。

もちろん、ヤワラもやってるんだろうなー。
佳クン、やらないんだろうなー。

乳腺炎経験者にとって、
乳腺炎になりながらも練習をしたという谷亮子は、偉人の域。

ヤワラのひとこと。
「出産と育児を経験して、人間として成長したと思う。
揺るぎないものをつかんだ。
精神が充実すれば体が動くことも認識した。
北京が楽しみです」

北京、ほんとに頑張って欲しい。
[PR]
by yana-hei | 2008-06-16 22:27 | つれづれ
<< レンジすき焼き 白木屋の >>