ブログトップ

ごはん*こうぼう

yanahei.exblog.jp

韓国食い倒れ 1日目

韓国へ行こう!と行っていた私とKちゃん。

定期的に新大久保で落ち合っては、サウナでひと汗流し、酒を飲み飯を喰らうという
実にオヤジ的な娯楽を行っていた私たちが、
ついに、憧れの本国へ旅立つときがやってきた!

週末の夜、羽田空港から金浦空港へ。ホテルにたどり着いたのは23時。

いつもならそろそろ寝るか・・・という時間だが、我々にはやるべきことがあった!

それは食べること!

3泊4日の旅でいかに食べたいものを食べるかがテーマとなっているため、
一寸の空腹 軽んずべからず
早速深夜の街に繰り出した。

a0019616_23104236.jpg

向かったのは、ホテルから徒歩5分ほどの「オモリチゲ」。
チゲがうまいという24時間営業の店。帽子のおやじが目印です。

メニューはチゲ2種とマンドゥ、チヂミ、
手打ちのチャヂャミョン(ジャージャー麺)ぐらいしかなく、
客のほとんどがチャヂャミョンを食べている。
a0019616_23105734.jpg

チャヂャミョン、3年前に来たときも、
やたら韓国人の皆さんがこのヌメヌメした風貌の麺と餡を
しつこいほどからめて食べているのを見たけど、
どう見てもおいしそうじゃないんだよね。

とか言いながら、韓国ならではのものを食べなくては!と、小さいサイズを注文。

「ぬるい」(味も温度も)
その色と名前から、甘じょっぱい味噌味を想像していたが
実際は、甘くもなければしょっぱくもなく、
片栗粉で作った薄味の“なんちゃってハヤシライス”といったお味。

「絶対リピートしないね」
酷評しながら食べるが、なぜか一緒に注文したチゲより箸が進んでしまう。
いや、それどころか、箸がとまりませんっ!

その証拠にほら、
a0019616_2395687.jpg
旨いものを食べるとすっかり写真を撮ることなど忘れている私がここに・・・
チャヂャミョンの写真が撮れていません!
(皆さんが見ている写真は、私が食べた現物ではありません)

ご飯にこの餡をかけたら美味しいかも~と、ふと隣を見ると、
地元の男性が、餡の半分は麺と絡め、半分はライスにのせて食べているではないかっ!
くーっ、やっぱりうまいのか!

チャヂャミョンのリピート、あると思います。
a0019616_2312646.jpg


この店はキムチも名物で、あえたばかりの浅漬けキムチが食べ放題なのだが
濃い味付けのキムチが、チャヂャミョンのぬるい味と実によくあうのだ。

すべてはキムチのために。

日本人は、白飯を美味しく食べるために味の濃い漬物や佃煮をおかずにするが
韓国人は、味の濃いキムチを美味しく食べるために、このぬるい麺を食べる。

そう、勝手に決め付けた真夜中のふたりであった。


っていうか、どんだけチャヂャミョンを語るんヂャい!
[PR]
by yana-hei | 2008-12-19 00:22 |
<< 撮影会 韓国食い倒れ 2日目 >>