ブログトップ

ごはん*こうぼう

yanahei.exblog.jp

ルーツ

もうかれこれ半年近く
マイケル・ジャクソン関連のものを
すごい勢いで大人買いし続けているのだが、

なぜかふと、何年か前に「ルーツ」という
黒人奴隷の大河ドラマを夜中見ていたのを思い出し・・・
a0019616_1031480.jpg

またも大人買い。




120分×6本を二日にわけ、明け方まで見る(その後、7時に起きるけど)。
見だしたら止まらないのだ。

a0019616_1014524.jpg

「ルーツ」の作者でありライターである
アレックス・ヘイリーのインタビュー集。

自作について語る章は、ドラマより感動的。

ヘイリーは子供の頃から何気なく
おばあちゃんに聞かされていたむかし話をたよりに
あらゆる資料を調べアフリカまで渡り、
部族の語り部によって、
自分の祖先が白人にさらわれたと言う話を聞くのだ。


奴隷ながらに文字を覚え、自叙伝を出したフレデリック・ダグラスの本も読んだ。


文字を知ったからこそ、残る事実もあれば
文字がなかったからこそ、残った事実もある。


ヘイリーもダグラスも
ほかの人は興味を示さなかった
「おばあちゃんの話」や「文字」というものに
執念ともいえる関心をもった結果、
世の中を変えるぐらいのものを形にして残す。

同じ兄弟でも同じものに関心を示したり示さなかったり・・・
わけもなく何かにひきつけられる引力のルーツってなんなのだろう?
[PR]
by yana-hei | 2009-12-03 07:37 | つれづれ
<< 毎年恒例? 備えあれば憂いあり? >>