ブログトップ

ごはん*こうぼう

yanahei.exblog.jp

カテゴリ:旅( 23 )

あまりにも2

あまりにもあんまりな映画を見ている、ひとりさびしい本日の私。

どうしてわざわざ映画にしてしまったんでしょうか~。
「男のメルヘン」としても、あんまりな。

そんな内容の映画でも、一生懸命芝居をしている
役所広司、エラい。役者バカだね。

と、ここでつぶやくほど、さびしい私。
さびしさと映画への不満を紛らすために、ブログアップ!!!






そういえば、1ヶ月前、韓国に行ってました。

a0019616_230818.jpg

チャチャミョン、ふたたび!(たいしてうまくなかったような・・・)

a0019616_2304329.jpg

今回のヒット、エゴマの葉の鍋。エゴマファンはお試しあれ!
でも、名前忘れた~。店の名前もわからない~。

この店へ行くのに迷っていたら、バイクに乗って配送中の男性が
何度も何度も迷っている私たちの前に現れ、店まで導いてくれた。

韓国、優しい人が多いです。
見習おう。
[PR]
by yana-hei | 2009-05-03 23:01 |

韓国食い倒れ 1日目

韓国へ行こう!と行っていた私とKちゃん。

定期的に新大久保で落ち合っては、サウナでひと汗流し、酒を飲み飯を喰らうという
実にオヤジ的な娯楽を行っていた私たちが、
ついに、憧れの本国へ旅立つときがやってきた!

週末の夜、羽田空港から金浦空港へ。ホテルにたどり着いたのは23時。

いつもならそろそろ寝るか・・・という時間だが、我々にはやるべきことがあった!

それは食べること!

3泊4日の旅でいかに食べたいものを食べるかがテーマとなっているため、
一寸の空腹 軽んずべからず
早速深夜の街に繰り出した。

a0019616_23104236.jpg

向かったのは、ホテルから徒歩5分ほどの「オモリチゲ」。
チゲがうまいという24時間営業の店。帽子のおやじが目印です。

メニューはチゲ2種とマンドゥ、チヂミ、
手打ちのチャヂャミョン(ジャージャー麺)ぐらいしかなく、
客のほとんどがチャヂャミョンを食べている。
a0019616_23105734.jpg

チャヂャミョン、3年前に来たときも、
やたら韓国人の皆さんがこのヌメヌメした風貌の麺と餡を
しつこいほどからめて食べているのを見たけど、
どう見てもおいしそうじゃないんだよね。

とか言いながら、韓国ならではのものを食べなくては!と、小さいサイズを注文。

「ぬるい」(味も温度も)
その色と名前から、甘じょっぱい味噌味を想像していたが
実際は、甘くもなければしょっぱくもなく、
片栗粉で作った薄味の“なんちゃってハヤシライス”といったお味。

「絶対リピートしないね」
酷評しながら食べるが、なぜか一緒に注文したチゲより箸が進んでしまう。
いや、それどころか、箸がとまりませんっ!

その証拠にほら、
a0019616_2395687.jpg
旨いものを食べるとすっかり写真を撮ることなど忘れている私がここに・・・
チャヂャミョンの写真が撮れていません!
(皆さんが見ている写真は、私が食べた現物ではありません)

ご飯にこの餡をかけたら美味しいかも~と、ふと隣を見ると、
地元の男性が、餡の半分は麺と絡め、半分はライスにのせて食べているではないかっ!
くーっ、やっぱりうまいのか!

チャヂャミョンのリピート、あると思います。
a0019616_2312646.jpg


この店はキムチも名物で、あえたばかりの浅漬けキムチが食べ放題なのだが
濃い味付けのキムチが、チャヂャミョンのぬるい味と実によくあうのだ。

すべてはキムチのために。

日本人は、白飯を美味しく食べるために味の濃い漬物や佃煮をおかずにするが
韓国人は、味の濃いキムチを美味しく食べるために、このぬるい麺を食べる。

そう、勝手に決め付けた真夜中のふたりであった。


っていうか、どんだけチャヂャミョンを語るんヂャい!
[PR]
by yana-hei | 2008-12-19 00:22 |

韓国食い倒れ 2日目

翌朝。粥店でアワビ粥を半分こ♪してから、汗蒸幕へ。
「お姫様コース」で、汗蒸幕、アカスリ、オイルマッサージ、きゅうりパック、泥パック、
うぶ毛とり、コラーゲンパック、足裏マッサージなどを堪能。
ウォン安のおかげで、1万5千円程度でお姫様気分!
裸のおばさんたちにパシパシ叩かれてドリフの風呂や(もしもシリーズ)な気分?

汗蒸幕を出た後、屋台でエゴマとスンデがはいったトッポキ(200円ぐらい)を半分こ♪
a0019616_23543899.jpg
これは韓国ならでは~。辛ウマー。

明洞の街を散策して、おやつにトーストを半分こ♪
a0019616_23545358.jpg
チーズと卵、野菜がはいったトーストのサンドイッチなのだが、ウマ!

夕方。大行列の「明洞餃子」で餃子とカルグクスを半分こ♪
a0019616_23551024.jpg

カルグクスもぬるい味だ。

散々食べまくってホテルにもどったものの、半分こ♪だったからまだ食べられるはず!
と再度夜の街へ繰り出した我々。

むかったのは「おネエMANS」で紹介されたという「クイキョンジ」。
チーズで食べるサムギョプサルが人気だそうで・・・。日本人全員注文!
a0019616_23561688.jpg

でも、ハーブ漬けのサムギョプサルのほうがやわらかくて美味しかった。
a0019616_23563260.jpg
ビールも飲んで、エゴマやレタスを何度もおかわりして・・・ふたりで3千円足らず!!

韓国最高!

これで、ステキな韓国人男性が現れたら言うことなし。
こんな。
a0019616_23584343.jpg

んでもって、
「オレ以外の男と、口をきくな!」とか言ってくれたら・・・。ぐふ。

なんでかな、こんなにかっこいい人はどこにも見当たりませんでした。
[PR]
by yana-hei | 2008-12-19 00:03 |

韓国食い倒れ 3日目

明洞のカフェでトーストを食べた後、城跡「景福宮」へ。
a0019616_052767.jpg
ちょうど、衛兵の交代の儀式が行われていた。

その後、仁寺洞の「耕仁美術館伝統茶院」で一服。
眠くて寒くてショボショボになっていたが、ゆず茶を飲んで元気回復。
a0019616_019529.jpg

東大門までてくてく歩く。
途中、地図を手に道に迷っていると、日本語の上手な男性が自ら道案内をしてくれた。

目指していたのはタッカンマリ横丁。
a0019616_0201626.jpg

鶏一羽(タッカンマリ)を煮込んだだけのこの鍋。
辛子、タレ、酢まどをまぜたタテギにつけて食べると絶妙なうまさ!
スープだけ飲んでも美味しい。もしかしたら博多の水炊きより美味しいのでは?

私とKちゃんは鍋にスプーンをつっこんで、じゅるじゅるスープを飲むが
地元の人たちは、とりあえずキムチを放り込んで鍋を真っ赤にして食べている。

やはり、すべてはキムチのために・・・?/

いったんホテルに戻り、明洞で買い物三昧。
洋服やブーツ、コスメを購入。久々に心ゆくまで買い物をして乙女になった気分!

そして韓国最後の夜。締めといえばやっぱり・・・
a0019616_0203979.jpg

ではなく、

a0019616_0211156.jpg

なぜか王道、全州ビビンパ。
いい加減、食べ飽きた。フツーに米が食べたくなったのだ。


食べて歩いて歩いて食べた大満足の4日間。
また行くぞ! 韓国!
[PR]
by yana-hei | 2008-12-19 00:00 |

大分にて

義兄家族と合流するため大分へ北上。

途中、道の駅「みえ」にて昼食。とはいえまだ11時台で私は食えない・・・。
みんなは「だんご汁定食」や「鶏天定食」を食べていた。
殿はだんご汁を拒絶。どうやら煮物は飽きたらしく、売店のパンに大興奮!!

その後、高崎山の猿を見に行く。見てるんだか見られてるんだか。
母猿にへばりついている子猿たちがうちの子らにそっくりで・・・毎日が高崎山。

鉄輪温泉の「割烹旅館 関屋」に一家で一泊。
関さば関あじを食べたけど、新鮮すぎて味の違いが分からない。どっちもコリコリのプリプリ。

翌朝、朝食を取るとあっけなく解散・・・しそうになるが、
こうぼうのリクエストでひきとめ、家族みんなでトランプ「ぶたのしっぽ」をする。


宮崎へ戻る途中、道の駅「うめりあ」で昼食。とはいえまだ11時台で・・・。
「だんご汁」(義父が好きらしい)や「ちゃんぽん」「チャーハン」をシェアして食べる。
義弟がこうぼうに買ってくれたから揚げが激ウマ! 大分は唐揚げが有名らしい。

近くに「ととろ」のバス停があったので立ち寄ってもらうことに。
たくさんの「トトロ」に会えて、私は大コーフン! 
a0019616_23583343.jpg


大分にもトトロの森があったとは知りませんでした。
それよりも高崎山が大分にあったほうが驚きだったんですが。群馬じゃなかったのね!
[PR]
by yana-hei | 2008-11-02 23:50 |

宮崎にて

連休を挟んで旦那の実家・宮崎は延岡へ。

到着夜は空港の宮崎料理の店で定番の「チキン南蛮」を。すごいボリュームなのに、安い!
a0019616_23124162.jpg


翌日。殿の1歳祝い(餅踏み)をするため、庭先で餅をつくる。
丸餅やあんこ入りのよもぎ餅など、3回も餅つき機が回転。
a0019616_23104046.jpg


その隣には簡易囲炉裏が作られ、鮎の塩焼きが。ウメー! 私は3匹、殿も2匹食べた。
a0019616_231153.jpg


お義母さんが作った煮物。春に裏庭でとれた筍を干したのが美味しいよー。
a0019616_2311219.jpg


夜は猪鍋。知り合いの猟師から売ってもらったそうで。毛がついてます。毛が。
a0019616_23113963.jpg


田舎満喫の一日。田舎の出の私も感心するほど、本当に田舎な旦那の実家。
食べて寝て、家族と戯れるだけの一日。あ~、しあわせしあわせ。
ぽかぽか天気で、お腹いっぱいで、だけど夜は寒くて寒くて。9時に寝ました。
[PR]
by yana-hei | 2008-11-01 23:02 |

ぶらり途中下車の旅 2

おもちゃやさんの帰路にある「牛久大仏」。
世界最長の大仏らしく、茨城へ行くたび気なっていたなので寄ってみた。
a0019616_2221410.jpg

デカイよー! 身長100メートルだって。鎌倉の大仏より面白いよー!

大仏の胎内見学のほか、
猿回し劇場や動物ふれあい広場があって意外に楽しめた。
拝観料800円(大人)はしっかりとられるけどね。
a0019616_22213023.jpg

[PR]
by yana-hei | 2008-09-21 22:06 |

ぶらり途中下車の旅 1 kawaii

息子の誕生日プレゼントを買いに茨城まで向かった我が家。
おもちゃやさんの入り口にあったクレーンゲーム!!!

a0019616_2234380.jpg
ピヨーーー!
アンチゲーセンの私ですが、あまりのかわいさにチャレンジ!
したものの100円×3であきらめました。

まるっこすぎて、まるでひっかからないのさ。
[PR]
by yana-hei | 2008-09-21 22:01 |

京都 3日目

天気予報によると、昼過ぎから雨とのこと。
ホテルで傘を借りてまずはほど近い三十三間堂へ。

高校時代、弓道をやっていたから、修学旅行の自由行動でも行っていた。
a0019616_12171452.jpg


薄暗い堂内に金色の観音様が1001体。
陰と陽のコントラストが美しい!と思ったら、当初は朱塗りだったとかで
派手なお堂だったんですね。へぇ。
観音像の前に立つ像は筋肉質で西洋的。表情も生き生きとしてリアル。
東洋的体系でおだやかな表情の千手観音とのコントラストに魅了されました。

続いて、京阪電車で宇治まで。

a0019616_16251149.jpg
a0019616_168282.jpg
参道を通って、平等院目の前の蕎麦屋でにしん茶そば(900円)を。
お上品な量が、早い昼食にはぴったりでした。

a0019616_16222532.jpg
鳳凰堂の見学はすでに150分待ちというので、外観と博物館・翔鳳館だけを拝観。
博物館には、あの屋根の上の鳳凰が展示されていて、
これはレプリカ?と思っていたのだけど
帰宅して調べたところ、屋根にあるほうがレプリカらしく。
へー・・・なんだか納得いかないけど、そのほうがいいのか。

a0019616_169086.jpg宇治川を渡り、某ペットボトル茶のCMでお馴染みの「福寿園」へ。
2Fのお食事どころでお茶。
殿が十万円の皿!を赤ちゃんせんべいでゴシゴシしたりして
落ち着かないので、私は退席~。
玉露をいただいた旦那は、うまいんだかなんだか
あまりの微量なお茶に、微妙な顔つきだった。

食べ歩きはしたものの、お土産を物色していなかったこの旅。
新幹線に乗る前に京都伊勢丹でお買い物♪と地下の食品売り場へ・・・。
しかし、ああ、
この旅のしめくくりにふさわしい、すごい人!人!人!であります。

なんとか帰りの弁当のみ調達して駅へ。
駅もさらにすごい人だぁー!!!
そしてなんなんだこの駅はぁ!

a0019616_16242653.jpg私と旦那は、蓬莱551のから揚げ弁当(970円)と、さば寿司(1870円)を半分こ。
こう坊はエビフライカレー弁当(850円)。
みんなジャンクなものが食べたかったのさ。
しかし、さすがのこう坊も、エビフライを1匹残し、旦那が食べた。
行きも帰りも同じ展開ですな。


たっぷり寝て食べて歩いたGW京都3日間。
旅と人ごみを満喫しました!

来年は人の少ないところへ行こうーっと。
[PR]
by yana-hei | 2008-05-05 12:18 |

京都 2日目

天気予報によると、今日の京都は気温30度らしい。
とりあえず、日焼け止めを塗りたくって出発。

目指すは金閣寺。20年前は拝観停止だったので、今回の旅のマスト寺であります!
MKタクシーさんの丁寧なお迎えと運転でむかいます。
途中、きれいな小道なども寄ってくれて、ちょっとした貸し切りタクシー気分。

a0019616_12101639.jpg
憧れの金閣寺は、さすがの佇まい。ピッカピカだよ。 
この金満野郎!って言われてたんでしょうか、足利義満。
かつての過度な贅沢も、今は歴史を語る文化財になるのだから、
今のお金持ちもその財産を後世に残すべく
ド派手に頑張っていただきたい気がしないでもない。

a0019616_12104617.jpg金閣寺を一周すると、すでに喉がカラカラ。
こっ、氷~。(毎日氷を食べそうな勢いだ)
抹茶カキ氷と、抹茶ミックスのソフトを4人で。
え? 4人? 初めてのカキ氷はこんな顔。

続いて、太秦の東映映画村へ。
ちょっとは子どもが喜ぶ場所へと思って向かったのだが、
寺以上に喜ばない! 文句タレダレで早々に移動。
入村料を取り戻すべく?、電車で二条城方面へ。

a0019616_22402122.jpgお昼は二条駅(写真)そばの蕎麦屋さんで。
ざるそばと玉子丼のセットを食べたのだけど、
京都の卵とじって、かきたまのせなの? 
ふわくちゅの卵がのってる!

二条城でうぐいす貼りの床を
キュッキュと踏みしめ、
早々に宿へ。
地下鉄~京阪を利用したけど、
乗り入れができてなくて不便!
京都は鉄道各社が仲悪いのかね?
やっぱりタクシーが便利だぁああ。

夜はあれこれ悩んで、旦那がレンタサイクルで偵察もした
挙句、子連れでも気兼ねなく楽にすごせるファミレス系焼肉店へ。

a0019616_12111128.jpg
いわゆる・・・京都版・安楽亭ですか?
肉が固いよー!(笑) でも、野菜がたっぷり食べられて満足。

それにしても殿ったら、今日一日ほとんど食べてないんですが・・・。
夏バテ?

a0019616_12113519.jpg
夜。
散らばって寝る男三人。
真夏日の京都、おつかれさんでした。
母は今晩もマッサージで極楽極楽。
[PR]
by yana-hei | 2008-05-04 11:23 |